BLOG

血流が途絶えると毛細血管は壊死する!

こんにちは!

毛細血管は、全身の細胞に酸素と栄養を送り届けて、二酸化炭素と老廃物を回収し、その絶え間ない繰り返しによって私たちの命は維持されています。

毛細血管が減っていく最大の原因は、血流不足です。なんらかの原因で全身の血流循環が低下すると、特に体の末端にある毛細血管には十分な量の血液が送られなくなります。

こうして血流が途絶えてしまった毛細血管は、枯れ木の枝葉のように、壊死(部分的に死ぬこと)してしまいます。これが体のあちこちに起こることで老化現象が進み、病気や不快症状を招きやすくなるそうです。

   

 -

  おすすめの記事

Copyright© ヘルスケアルーム あど・りぶ , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP